FC2ブログ

不思議な味のレモンパイ

体調は今一つ。

今は土日が休みであれば休日出勤は避けようと思ってます。

でも、ゴロゴロしていても無駄な一日になるので、早めの年末掃除を始める事にしました。

とは言っても、身近なものからコツコツとやる事に・・。


今日は手始めに室内照明器具の掃除をやる事にしました。

各部屋の照明器具を天井から外し、ホコリを叩き、しっかりと絞った雑巾で拭くだけ。

居間からバス・トイレ・洗面所他全てを終え、ついでに玄関照明まで終わるのに1時間ほど。

まぁ、見た目は然程変わらないけど気持ちは良いよね。

ついでにエアコンフィルタを洗って天日干し。

曇っていたので乾くまで少しばかり時間を掛けました。


今日は無理をせず、この先の予定を立てた。

11月25日:台所と風呂の換気扇清掃。

12月 2日:雨戸の清掃

12月 9日:障子の張り替え

12月16日:車庫の大掃除

※この間の土曜の天気の良い日に松の剪定と庭木の消毒。

松の剪定と言っても年に2回やるので、年末は葉を手で選り分け古葉を摘み取ります。

このくらい予定しておけば、母から叱られないでも済むとは思うのだけど・・。


あっ!

正月には孫達に手作りレモンパイを食べさせたいので、どこかで練習しておかなきゃ。

レシピは、今現在あれこれと物色中。

♪多分、不思議な味のレモンパイになりそう♪。(*´v`)



にほんブログ村
スポンサーサイト

責任

今日は和歌山へ今年2回目の出張。

行きの新幹線に乗り込み、『車掌さんが指定席券を確認に来るんだろうな。』

と思い、切符を用意していると前方の扉が開き車掌さんが入ってきた。

私の左前方の方に何やら話しかけ、その方は荷物を持ってそそくさと別の車両に移動。

車掌さんは一緒に乗り込んだ私には声も掛けずに他の車両へと移動して行った。


一瞬、『(°_°)??』と思ったんだけど。

『未だ座っているはずの無い指定席のみ確認してるんだぁ。』

端末で指定席情報くらい確認できるだろうし、その方が手っ取り早い。

JRさんも時短などを含めて色々と合理的な手法にやり変えるんだぁ。

以前は眠ってる所を指定席券確認で起こされる事も多々有った。

だけど、これからはゆっくり眠れるなぁ。(^.^)

とにかく私は乗り物に弱い。

眠って時間が過ぎるのを待つのが私なりの対策方法なので助かります。


客先に到着し、着工打合せが始まった。

形式的な進行で話が進められる中、今まで迷っていた事を話す事にした。

依頼内容に応じて予め提案構造を数ケース提出していたが・・。

 ※どれも自分自身でスッキリしない構造である事。

 ※現地の施工性に欠ける内容である事。

 ※見た目の不安感を払拭できない事。

 ※今日現在、これで進めたいと言える構造案が出せないでいる事。

 ※客先要望の構造が本当に必要であるのか疑問である事。


これらを思い切って話した事により、客先も本音で論議してくれる様になった。

そこで昨夜準備した代案構造の説明に入った。

客先要望の構造とは真逆な内容ではあるが、

 ※シンプルで軽量な製品になり得る。

 ※施工性も良好であろうと推察できる。

 ※見た目も安心感がある。

と、割と好印象を頂けた様な感触を得た。


客先の要望であるからと言っても、半信半疑で事を進めて良い物か・・。

何処かで行き詰る事も半分見えている。

そんな状態で責任を全う出来るとは思えなかった。

客先要望を変更して頂くための打合せになってしまった事に関しては素直に謝罪した。

帰り際、客先のご担当の方から笑顔で見送り頂いた事でホッとした。

これで、最近の体調不良も治るかなぁ・・。


♪明日、精算しなきゃ♪

領収書20181114


♪何だかカラオケで歌いたくなった♪



にほんブログ村

朝食

最近、食欲があまりない。

母や妻が作ってくれたものであれ、自分で作ったものであれ何だかなぁ・・。

特に朝食は食べるのが辛い・・。

でも、食べずに会社の行くと少しばかりバテてしまう。


何となく明日はご飯とみそ汁じゃ無い物を食べたい様な気がした。

パン食が苦手な母もピザなら良く食べる。

『ピザを作るかぁ。』

思い立ったら即作る方が良いかな・・。

夕飯の片づけが終わるのを待ってピザ生地を作る事にした。

明日の朝はトッピングをして焼けばいいんだし・・。


強力粉は買ってあった。

オリーブオイルとドライイーストも有った。

ホームベーカリーなんぞは無いので姉直伝のやり方で・・。

強力粉270g

水180cc

オリーブ油大さじ1杯

砂糖大さじ1杯

塩小さじ1杯


これらをボウルでコネコネ。

何か団子っぽくなったところで四つに分割。

塗れ布巾で覆ってしばらく放置。

邪道かもしれないけど、フライパンに団子を乗せ手のひらで押し延ばす。

フライパンの底面積まで広がったら焼きに入る。

だから打ち粉なんて要らない。


1枚はテスト用に直ぐにトッピングしてトースターで焼いてみた。

3人で味見したけど、まぁ、食えないことは無いかなぁ。

明日の朝に時間を要しない様、トッピングの準備をしておいた。

後はラップして冷蔵庫に入れて今夜は終了。

来週から新規開発の業務に入るし、水曜はその着工打合せ。

朝飯くらいちゃんと食べれたら良いなぁ・・。


喰えるかなぁ(^_^;)

食えるかな?


♪暫くは悲しげな曲は聞かない様にしよう♪



にほんブログ村

言い訳

今朝は8時まで眠らせてもらった。

何度も目が覚めてはいたんだけど、起き上がれなかったからね。

8時になって布団をたたみ、歯を磨いて妻をバス停まで送った。

妻はシフトを繰りかえられ土日の出勤がが多い。

今週も土日に出勤させる様、急に木曜が休みになった。

だから夫婦揃ってどこかに出かけるって事は数えるほどしか無い。

パートとは言え、結構ハードな仕事だしな・・。

3日出勤して1日休みと言う約束事は守って欲しいもんだと思う。

近々、近所にドラッグストアが出来るし、転職させようかな・・。


そうこうする内、姉が海辺の日帰り温泉に行こうと母を誘いに来た。

昼間にゆっくりとお風呂に入るのも気持ち良いだろうし、

「ゆっくりしておいで。」とお昼代とガソリン代を姉に渡した。

2人が出かけた後、ソファーでゆっくりしようと寝転んだ途端、

♪ピンポ~ン♪と何方かやってきた。

玄関に出てみると、「○○党です。」

「この人が今度出馬するので云々・・・。」と、だらだら話し出す。

『選挙ってのはお願されて投票するもんじゃないですけど。』

と言いたかったけど、

『近所の人かもしれないし。』

『母に害が有ってもいけない。』

と思い直し、無言でその人が帰るまで待った。


玄関を開けたついでに、母から頼まれた仕事を思い出した。

「クリスマスリーフを作るから、松ぼっくりに銀のペイント塗って。」

と言われていたのだった・・。

10月初旬に母と妻と私の3人で出かけた時に拾ってきた松ぼっくり。

小さなスプレー缶なので沢山は塗れないな・・。

クリスマスリーフの材料らしき袋を見ると金色の松ぼっくりは入っていた。

『金・銀の松ぼっくりが欲しかったんだぁ・・。』


スプレーした松ぼっくりが乾くまで、昼食をとり、少しゆっくりしようとソファーに横になった。

そのまま眠ってしまったのか、帰ってきた母に起こされた。

時計を見るともう16時。

『え~~。』と思いながら頭はボ~っとしていた。

スプレーした松ぼっくりが乾いたかどうか確認し母に見せた。

しん:「全部は塗れなかったけど数は足りる?」

母 :「あぁ~丁度いい感じ。」

どんなクリスマスリーフが出来るんだろうな。

楽しみだ。


そうこうして内、今日は妻の誕生日だと思い出した。

母は、アンコウとお刺身の盛り合わせをを買ってきてくれたらしい。

『仕方ない、ケーキでも買って来るか・・。』

ケーキを購入して暫くすると妻が帰ってきた。

眠ってしまった事。

一緒に買い物に行けない事。

諸々言い訳して、今度一緒に買い物に行った時にプレゼントを二人で買う事にして許してもらった。

(^_^;)


◆乾いたけど、塗りムラが有るなぁ。◆

松ぼっくり


♪こんな歌も好きだったなぁ♪



にほんブログ村

打撲で良かった

昨夜帰宅すると母の様子がおかしい・・。

そう感じて「気分が悪いの?」と聞くと、「転んだの。」

話しを聞くと、夕刻庭仕事を終え片付けをしている時、足をからませ転んだとの事。

多分、左肩から肘にかけての打撲だと言う。


足が悪いので腕が利かないと立ったり座ったりが大変そう。

どうして病院に行かなかったのかと聞いても大丈夫だと言う。

腕を肩まで上げてみると何とか大丈夫そうな気もしたが、

「明日の朝病院に行こうね。」と言って布団を敷いて眠らせた。


夜が明け、様子を見るとかなり痛い様子。

「有給取るから一緒に病院に行こうね。」と言うと、

「大丈夫。自分で行くから会社に行きなさい。」と母は言う。

「ちゃんと病院に行ってくれるなら、会社に行くけど・・。」

「大丈夫、ちゃんと行くから。」


昼休みになり母に電話をした。

「病院行った?」

「うん、打撲だけで骨折はしていないって。」

それを聞いてほっとした。

どうやら、姉に電話した様で姉は様子を見に来てくれていた。

姉がいてくれると思うと安心して、疲れがどっと出た様な気もしながら午後の仕事に取り掛かった。


今夜帰宅すると、母は昨日よりも元気そうな顔をしていた。

でも、昨夜はあまり眠れなかった様で、「眠いから布団を敷いて。」と言う。

布団を敷き、母を寝せてから食事をとった。

今、母はぐっすりと眠っている様子。


その後、妻と少し話をした。

母は、我慢をし過ぎる人である事。

骨折していても、大丈夫と言う人である事。

過去にその様な事実も有った事。

今後も起こり得る事である事。

だから、母の大丈夫は無視して病院に連れて行って欲しい。

そうお願いした。

妻も心配していた様で大きくうなずいた。



♪ホッとした時に聞くには良いテンポ♪



にほんブログ村
日記カウンター
にほんブログ村
ポチッと応援頂けましたら励みになりますので、どうぞ宜しくお願い致します。 ☟
プロフィール

しん

Author:しん
文才等は全く皆無。日々の他愛無い事やボヤキを書き込んだ内容です。
益にもならず、害にもならず、そんな内容でも宜しければお立ち寄りください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
キラキラ星2
リンク